010_syokumukeirekisyo

転職での書類選考であなたがこれまでどのようなキャリアを積んできたのかを説明するのが職務経歴書です。いわば自分を企業にアピールするための大切な武器といっても過言ではありません。

20代と違い、30代の転職では重要なポイントの1つになります。職務経歴書の出来・不出来で採用されるか否か決まってしまう場合もあるので、しっかりと作成することが必要です。

職務経歴書の基本的なフォーマットを紹介します。

①個人情報(氏名・生年月など)
②経歴の概要(キャリアの説明)
③職務経歴
④志望動機
⑤取得している資格や免許など

①から⑤の流れに沿って職務経歴書を作成していきます。

①の個人情報では、氏名・生年月日・住所・電話番号・携帯電話番号・メールアドレスを記入します。履歴書と合わせて提出するときは必要ないという転職サイトもありますが、必ず書くようにします。

②の経歴の概要では、これまでのキャリアをまとめた内容を書きます。

他の転職者とのキャリア比較する際のポイントになります。企業がキャリアの特徴を把握しやすくなるので、印象つけるのにも効果的です。その際、応募する仕事に活かせる内容であること、達成した成果は出来る限り数字情報を書くことが大切になります。

③の職務経歴では、担当した業務や実績は出来る限り詳細に書きましょう。アピールしたい内容は一番初めに書き、採用担当者に印象付けることがポイントです。

文字数を調整してアピールポイントは他の経歴に比べて細かく書くのも効果的です。

④の志望動機は、履歴書と同じことを書いても意味がありません。

応募する企業独自の志望動機にすることが大切です。

キャリアも踏まえて、実績などは具体的に数字を利用したりして詳しく書くことが重要です。また、企業に貢献できること・貢献したいことを書いて下さい。そのためには、応募する企業を研究することが必要不可欠になってきます。

⑤の資格や免許では、取得している資格・免許は全て書き出しましょう。

最近ではパソコンスキルは仕事で必要不可欠なので、自分のパソコンスキルも書いておくとよいでしょう。

完成した職務経歴書に誤字脱字がないか必ずチェックしましょう。気をつけて書いても文書がだらだらとしたものになりがちです。不安を感じるときは、転職エージェントに確認してチェックを受けるのがおすすめです。

自分をアピールする武器になる職務経歴書です。万全を期して30代の転職を成功させたいものです。

書類作成後の30代の効率的な転職スケジュールについて。

30代の転職ルール