011_mensetsu30dai

面接の目的とは

30代に入って面接を受けるのは、20代の就職活動で受けた面接と全く違います。大学生または高校生の就職活動でも面接はありますが、その時、企業が注目していたのはあなたのポテンシャルです。しかし、30代になった今、転職してくる人材に企業が求めているのはすぐに現場で活躍してくれる即戦力です。面接の目的も、今まであなたがしてきた仕事内容、成果、スキルが自社にとって役に立つかを判断することに重点が置かれます。

会話のキャッチボール

転職者を受け入れるにあたって企業が心配することの1つに、あなたが新しい職場の仲間とうまくやっていけるかという点があります。そこで、面接時にあなたのコミュニケーション力をチェックします。投げかけられた質問にただ答えるのではなく、キャッチボールのように会話を続け、きちんとコミュニケーションの取れる大人であることを示しましょう。

質問者の目を見て話す

30代の転職者にはビジネスマンとしてのマナーも求められています。服装、時間厳守はもちろんのこと、質問者の目をきちんと見て話すのも基本的なマナーです。極度の緊張で相手の顔をまともに見れず、うつむき加減でいると暗い印象を与えます。また、目がうつろにさまよってしまうと、仕事を任せて大丈夫な人なのか疑問に思われてしまいます。笑顔も忘れず、視線を合わせて会話しましょう。

30代は元気も大事

面接の第一印象を左右するのは、服装、髪型、姿勢、話し方と言われています。せっかくすばらしいキャリアを持っていても、疲れた印象を与えてしまっては第一印象で不合格になってしまいます。姿勢は正しく、元気ではきはきした話し方を心がけましょう。

面接の練習をする

学生時代に就職活動をした頃は、何度も面接練習をしたと思いますが、30代で面接を受ける人で練習をしてくる人はあまりいないのが現状です。30代の転職では、新卒の頃よりも面接が重視されており、面接で好印象を与えることができなければ採用には至りません。入退室の動作、お辞儀の仕方、座るときの動作など、きちんと練習しておけば、本番で過度に緊張しないで済みます。

また、転職者への面接では、企業があなたに聞きたいことがたくさんあります。自分の職歴、スキル、転職理由、今後のビジョンについてよく分析し、質問されたならすぐ答えられるようにまとめておきましょう。また、応募した企業についても受け取ったパンフレットやホームページなどを使って良く調べ、効果的な逆質問ができるようにしておきましょう。

面接後の30代の効率的な転職スケジュールについて。

30代の転職ルール