みなさん、光目覚まし時計って使っていますか?

私は、昔から目覚まし時計はほとんど使いません。

目覚まし時計に起こされるのが嫌いなんです。

だから、3時間後に絶対に起きなきければならない時とか以外は、目覚まし時計をセットしないで寝ます。

目覚まし時計に起こされるのがいやだからでしょうか、セットして寝た時は、ほぼ間違いなく、時計がなる前に起きます。

だから、目覚ましをかけなきゃ、と思った時に限って、電池がなくなっていて、電池を買いに走って、余計に睡眠時間が少なくなる、とかいうことも何度かありました。

人には体内時計があるという話を聞きます。人間の体内時計は、24時間より長いから、ほうっておくとどんどん後ろにずれてしまうと聞きました。

でも、最新の説だと、20時間10分ぐらいで、そんなにずれてはいないということらしいです。

それよりも、個人個人の体内時計の周期のバラツキの方が大きいと。

人によって、23時間の人もいれば、25時間の人もいるということのようです。

どちらにしても、朝、強い光をあびて、体内時計をリセットすることが、24時間周期の生活を送るためには必要とのこと。

振り返ってみると、私は、朝そんなに強い光を浴びることはやっていません。

それでも、毎日同じ時間に起きられる、目覚まし時計無しでも起きられるのは、体内時計が24時間ぴったりなのかもしれませんね。

そうだとすれば、これは、天からの授かりものですね。

そういうと、朝起きられない人からは、怒られそうですが。

そういう私も、実は、最近は目覚まし時計をかけて寝ています。

目覚まし時計といっても、いまや、iPhoneやiPadの時計アプリです。

けたたましいベル音じゃなく、やわらかなメロディで、心地よい感じです。

そして家族を起こすののには光目覚まし時計をセットして全員に光が届くように眩しい照度であててやるのです。

もっとも、自分が起きるためではなくて、それによって、家人を起こすためですが。