数年前に購入した目覚まし時計を今も愛用してます

私は現在45歳の男性会社員ですが、20数年前に購入した目覚まし時計を今も愛用しています。これには私の朝が苦手というのが大きく関係しています。学生時代、朝は母が起こしてくれていたので無遅刻でした。しかし就職後は一人暮らしをすることとなり、自分で起きなければなりません。母はいなくても目覚まし時計はあるし大丈夫だろう、と思っていたものの遅刻しました。上司は遅刻にものすごくうるさい人(本人も遅刻はするくせに)で、2時間ぐらいずっと怒鳴られました。
遅刻するなら会社に寝泊りしろとかも言われましたね。まあ遅刻した私が悪いとはいえ、上司からの言葉がものすごいストレスで遅刻はしないよう目覚まし時計を買いあさりました。

しかし目覚まし時計って使い始めこそ効果はあるものの、音に慣れてしまうとまったくダメなんです。目覚まし時計の音がなってても、そのまま眠り続けてしまいます。目覚まし時計の音の種類を変えたりもしましたが、これもすぐに慣れてしまいます。このように悩んでる時、ホームセンターの特売品として売られてる大きな目覚まし時計と出会いました。

この目覚まし時計はかなり大きく、ベルやベルを叩くハンマーも相当な大きさでした。それまで使用していた目覚まし時計は電子音で起こすものでしたが、この目覚まし時計はベルを叩いて音と鳴らすという超アナログ式の目覚まし時計です。値段も特売で5000円程度という安さだったこともあり、その場で購入しました。タイマーセットする時に試しに鳴らしてみたら、非常ベル同等の音量でした。これ、私が起きるにはいいけど隣近所に迷惑にならないかな?と心配したほどです。

予想通り効果はテキメンで、時間になってベルがジリリリリって鳴るとビックリして飛び起きました。ビックリしてこれは心臓に悪いと感じたほどです。これだけの迫力だと慣れるということはなく、時間になればちゃんと起きれました。そして思わぬ副産物だったのが、目覚まし時計のアラームを恐れるあまりに時間前に目覚めるようになったんです。目覚ましなしだと起きれなかったのに、強力な目覚まし時計を買ったおかげで時間前に起きれるようになるんですから人間って不思議なものです。

ともかれ、この目覚まし時計のおかげで朝は大丈夫になりましたし、今も20数年前に購入したこの目覚まし時計を愛用しています。

最近では心臓に悪くない光目覚まし時計というのがあるようですね。全く興味はありませんが興味がある方はランキングサイトでも見てみるとよいのではないでしょうか。→光目覚まし時計おすすめ比較サイト | 朝起きれないを解消した方法